50歳の転職を成功させるには

1、周到な準備と計画性が鍵

 50歳で転職しても以前であれば、後10年ほど仕事を続ければ、定年を迎えることができました。しかし法改正で2013年4月1日からは、希望者は65歳まで働くことができる制度に切り替わったため、60歳で定年を迎える人は少なくなっています。さらに健康な間は働き続けたいと考える中高年の方々は増えています。ただ50歳での転職を成功させるためには、周到な準備と計画性が欠かせません。

 先ず安易に退職しないことです、50代で会社を辞めて、次の仕事が見つかるまでには半数以上の方が1年以上掛かっています。しかし1年ほどで新しい仕事は見つかると安易に考える人は多くいます。また会社が早期退職者を募った場合には、通常の退職金よりも割り増しで退職金が支払われますし、それにプラスして失業手当があれば転職活動中の生活は大丈夫と転職活動を始めても、実際には思わぬ苦戦を強いられる方がたくさんいます。

2.在職中の転職活動には転職サイト

 あくまで在職中の転職活動を行うべきでハローワークでなく、転職サイトを利用されることをお勧めします。それも50歳の転職であれば、人材紹介会社が運営する転職サイトがお勧めです。その理由は専任の担当者が必ず付き面談で希望を訊いた上で、あなたのスキルや豊富な経験を活かせるような求人の紹介を行ってくれるからです。ハローワークは地元の中小企業の求人が多いため、案件も限られ在職中の転職活動には向きません。

 人材紹介会社が運営する転職サイトであれば、担当者があなたに代わって転職活動を行ってくれます。それと転職サイトにはハローワークと違い大手企業やベンチャー企業など、これまでのスキルや経験が活かせるような求人がたくさんあります。

ここがポイント!
●50歳での転職を成功させるには周到な準備と計画性が必須
●安易に退職しないで在職中の転職活動を行うことが大事
●在職中の転職活動はハローワークでなく転職サイトを利用
●担当者が付く人材紹介会社が運営する転職サイトがお勧め
●担当者が希望を訊きあなたに代わり転職活動を行ってくれる

まとめ

 50歳で転職に成功するかどうかは周到な準備と、計画性次第と言っても過言ではありません。在職中の転職活動は大変ですが人材紹介会社が運営する転職サイトを利用すれば、転職サイトの担当者があなたに代わって転職活動を行ってくれます。50歳で転職して新たなフィールドで、是非とも第二の人生に花を咲かせて下さい。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
50歳転職者の利用数業界No.1の転職サイトです。転職成功ノウハウなど転職についての情報がわかりやすく、また会員限定のきのうも満載で魅力的な転職サイトです。