諦めていませんか?40歳以上の求人情報を上手に探す方法

<過去の肩書き、プライドは捨てる>

 40歳を過ぎて会社を退職するとになった・・・将来への不安、焦りもあり、すぐに前向きな気持ちにはなれませんよね。しかし、生活のためにはまず職を探さなければなりません。40歳代になると、以前の会社では管理職で部下をまとめ上げ、信頼もあり年収も高かった・・・という方も多いはずです。

 しかし、新しい会社ではそれらはまた一から積み重ねなければなりません。当然年収も下がるでしょう。いつまでも過去の肩書きにはこだわらず、これまでの経験・スキルから、まずは自分にできることをしっかりと考えましょう。

<未経験の職種より経験のある職種が有利>

 20代の未経験の求職者と、40代の未経験の求職者がいたとします。同じ未経験者なら、企業側は20代を採用するでしょう。20代と40代では給料の差があるからです。40歳を過ぎて、新しい分野に挑戦することは悪いことではありませんが、やはり経験のないことを一から覚えるのは、40代にとっては身体的にも精神的にも辛いことです。経験のある職種だと、これまでの自分の経歴や、成果を上げるためにどのように努力してきたかなど、アピールできることもたくさんあります。また、人脈を生かして企業を紹介してもらうこともできるかもしれません。

<求人情報はハローワークだけでなくインターネットも活用>

 実際に40代の求人というのは、20代30代に比べて多いものではありません。毎日ハローワークに通っても、自分の希望する職種でなかなか40代は募集していない、と言うこともあるでしょう。そんな時は、インターネットを利用するのも1つの方法です。

★ここがポイント!
・24時間いつでも求人情報を探せる
・人材紹介会社を利用する
・あまりにも条件が良すぎる場合は注意

 インターネットの良いところは、自宅にいながら24時間求人情報を閲覧できるところです。色々な条件を細かく指定して検索もできるので、より自分が求めている企業を探すこともできます。また、近年は人材紹介会社も多く普及していいます。登録・相談は無料で、専任のコンサルタントが、これまでの経歴・スキルなどを考慮して紹介してくれるなど、様々なメリットがあります。しかし、インターネットの情報だけでは不安、という方もいるでしょう。あまりにも相場と違い条件が良すぎる場合などは、まずは電話で問い合わせるなどしてみると良いでしょう。

 40代になると求人もあまりないだろうと諦めてはいませんか?40代だからこそ、これまで培ってきた経験を生かせる職場が必ずあるはずです。